インフォメーション

森上しんぺいからのご挨拶

福津市にかける私の想い

2005年(平成17年1月24日)、旧福間町と旧津屋崎町が合併し、「福津市(ふくつし)」が誕生しました。 福津市という名称には、幸福や多くの人が集まる津(港、場所)という意味が込められています。

市の名称を決めるにあたり、全国に公募したところ、3,064通の応募がありました。
その結果、過半数の票を獲得した「福津市」に決定しました。


あれから13年。日本社会全体が高度経済成長を起点とする拡大路線から、成熟のステージに移行しています。


成熟とは、ひとことで言えば、これまで培ってきた資産を最大限に活かしながら、安定した社会を作ることです。


福津の先人たちが残してくれた資産を活かして、福津シン時代、熟成のステージを目指しましょう。


そのためのまちづくりのキーワードは、『希望』と『愛』、そして
『参加』です。

『希望』とは、未来への原動力。

『愛』とは、老若男女が安心して暮らせるためのしっかりとした支え。

そして成熟のステージでは、市民の皆さんの『参加』が欠かせません。


みんなの力で福津市をぐっと前へ。

未来をつくる子どもたちのために今立ち上がりましょう!

噂の福津動画、ご存知ですか?

福津市の「決死」の試み。 ただただ笑って福津を知ることができますよ! ぜひ一度、ご覧下さいませ。
PAGE TOP